稚魚の放流

吉岡養魚場では、金魚の採卵は基本的に人工採卵を行っております。

約10日程前に人工採卵を行いました。
採卵後も、今年は例年にない暑さになり、急遽日除け対策などを行い、孵化が早まらないように気を使いました。
順調に孵化し、本日育成池に放流しました。

孵化池から稚魚を集めているところです。
稚魚はとても小さいので水圧に気を遣い、ゆっくりと作業を行います。

2015産稚魚


計量スプーンを利用し、大よその数量を数えます。
育成池の大きさや品種により、放流する数は違いますが、1池 5万匹~10万匹を入れます。

2015産稚魚


ビニール袋の中には稚魚が入っています。
水合わせ(水の温度調整)を行った後に、放流です!

2015産稚魚

順調に育ってね!



↑ブログランキングに参加致しました。よろしければ、一日一回ワンクリックご協力お願い致します。
スポンサーサイト
プロフィール

金魚やサン

Author:金魚やサン
吉岡養魚場は、金魚の養殖と亀の繁殖を行っております。
生産者としての視点で、発信していきたいと思っています。

よろしければ、ホームページにもお立ち寄り下さい。

最新記事
カテゴリ
犬 (8)
本 (5)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスカウンター
リンク
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
775位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
爬虫類・両生類
21位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示