品種改良中の もみじ竜眼

品種改良中のもみじ竜眼の経過報告をさせていただきたいと思います。

品種改良を始めて、今年で7年目となる「もみじ竜眼」今年の稚魚はF7まで交配が進みました。
昨年生まれの2012年度産(F6)個体も、ある程度納得のいく金魚となりましたが、新品種「もみじ竜眼」として販売する程の手ごたえは無かった為、販売には至りませんでした。

今年生まれの「もみじ竜眼」のその後ですが、2012年度生まれの個体と比べると、なかなか良い感じで成長しています。

品種改良中のもみじ竜眼
上記写真は現在の様子です。
2ヵ月半程前の過去記事 と比べると、肉瘤(頭部のコブコブ)の発達が進んでいます。
しかし一切作り込んでいない為、この程度の魚となっています。

現在の飼育方法は、超過密飼育 及び、給餌は程々に与える程度です。
生まれ持ったDNAというか、特性だけで育った魚となっています。



品種改良中のもみじ竜眼
上記写真は、横見の姿です。
もみじ竜眼の特徴である網目透明鱗が確認できます。なかなかキラキラ感が良い感じです(*^_^*)



品種改良中のもみじ竜眼
上記写真は上見のやや拡大写真となります。
作り込んでいない割には、肉瘤の発達が、昨年よりも良い感じです。
目先の発達があり、兜巾(トキン)の発達も少々確認出来ます。

2013年度(F7)今年のもみじ竜眼の方向性も確認出来ましたので、ここで グッと 飼育尾数を絞り込み、作り込みに入っていきたいと思います。

どのような結果になるか分かりませんが、納得のいく魚が出来た際には、販売も考えてたいと思います。
晴れて販売出来るように、精進していきたいと思います。



↑ブログランキングに参加致しました。よろしければ、一日一回ワンクリックご協力お願い致します。
スポンサーサイト
プロフィール

金魚やサン

Author:金魚やサン
吉岡養魚場は、金魚の養殖と亀の繁殖を行っております。
生産者としての視点で、発信していきたいと思っています。

よろしければ、ホームページにもお立ち寄り下さい。

最新記事
カテゴリ
犬 (8)
本 (5)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンター
リンク
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
1177位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
爬虫類・両生類
29位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示