リニューアルオープン さいたま水族館(屋外編)

本日、埼玉県羽生市にある「さいたま水族館」に行ってきました。
約3か月間の休館日を終え、3月16日にリニューアルオープンとなりました。

リニューアルオープンの大きな見どころとして、屋外のチョウザメ池、ソウギョやアオウオの飼育している池の改装、また水族館屋内のタッチングコーナーの改装などが上げられます。

こちらはチョウザメが飼育・展示している池の様子です。
大きなチョウザメがたくさん池の中を回遊しています。
中でも一番大きなチョウザメは全長約2メートルの大物です。
まだまだ、これでも子供サイズで、種類によっては約5メートルにまで成長する淡水魚です。  ワォー!
s-P1010031.jpg

以前からチョウザメ池はありましたが、今回のリニューアルオープンでは、チョウザメを上からだけでなく、横から観察することもできる展示となりました。
s-P1010027.jpg
s-P1010033.jpg

こちらは、ソウギョ、アオウオ、アメリカナマズ、コイが飼育展示してある池となります。
チョウザメの池と同様、巨大な魚達がたくさん泳いでいました。
こちらの写真は、ソウギョです。
手前に写っている2匹はアルビノ個体となります。
この池の主は1m80センチもあるソウギョだそうです。  ワォー!
s-P1010022.jpg

こちらの池も側面から魚を観察できるようになりました。
s-P1010040.jpg
s-P1010024.jpg

さいたま水族館と言えば、「ヒレナガ錦鯉」が有名ですが、最近では「羽衣錦鯉」という愛称で販売されているショップもあると聞いています。
ヒレナガ錦鯉は、数十年前にインドネシア原産のヒレの長い黒い鯉を埼玉県水産試験場で品種改良を行い、色や柄のバリエーション豊かな美しい鯉となりました。
s-P1010045.jpg

写真手前の色鮮やかなヒレナガ錦鯉を撮影したところ、面白い写真が撮れました!
後方に写っているのは誰!?
                      麻呂顔だ!
s-P1010044.jpg
昔、一斉風靡した人面魚がいましたが、さいたま水族館には「麻呂コイ」がいます!
是非、探しに来てくださ~い(笑)


<<<<<  さいたま水族館ホームページへは こちら をクリック  >>>>>




↑ブログランキングに参加致しました。よろしければ、一日一回ワンクリックご協力お願い致します。
スポンサーサイト
プロフィール

金魚やサン

Author:金魚やサン
吉岡養魚場は、金魚の養殖と亀の繁殖を行っております。
生産者としての視点で、発信していきたいと思っています。

よろしければ、ホームページにもお立ち寄り下さい。

最新記事
カテゴリ
犬 (8)
本 (5)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
リンク
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
659位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
爬虫類・両生類
19位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示