孵卵器を覗いてみたら・・・

私が住んでいる所は、日本一暑いと言われている埼玉県熊谷市に隣接している為、夏の暑さはとても厳しく尋常ではありません。
室内の気温も軽く35度は上回ることも多いので、気温の高い夏期の卵チェックは、午前中の涼しい時間帯に行います。
今朝もインキュベータ(孵卵器)の蓋を開け、卵チェックを行いました。

心配していたタイリクミナミイシガメの蓋を開けてみたら・・・!

     なんと卵にひびが入っていることを発見!

卵の保管中、卵の色が悪かった時期もあったので心配をしていましたが、これで一安心です!

タイリクミナミイシガメ

タイリクミナミイシガメ

まだまだ喜んでばかりはいられません。
亀の卵は種類に問わず、孵化直前に卵から出てくることができずに死んでしまう子亀も少なくないからです。
卵から出てこれずに死んでしまうことを死篭り(しごもり)と言います。

明日元気で可愛い姿を見せてくれることを願うばかりです!



↑ブログランキングに参加致しました。よろしければ、一日一回ワンクリックご協力お願い致します。
スポンサーサイト
プロフィール

金魚やサン

Author:金魚やサン
吉岡養魚場は、金魚の養殖と亀の繁殖を行っております。
生産者としての視点で、発信していきたいと思っています。

よろしければ、ホームページにもお立ち寄り下さい。

最新記事
カテゴリ
犬 (9)
本 (7)
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスカウンター
リンク
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
850位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
爬虫類・両生類
26位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示