金魚の赤ちゃんが産まれました!

人工採卵から早1週間が過ぎました。
毎日、金魚の卵の様子が気になり、孵化を楽しみにしておりました。
卵が透明のままだと受精卵、白くなってしまった卵は無精卵です。
受精卵は、日が経つごとに黒くなります。
卵そのものは透明ですが、稚魚の成長と共に卵全体が黒く変化します。
人工採卵だけあって、孵化率はなかなか良い結果となりました。

採卵後、6日目に孵化が始まりました。
孵化直後の稚魚は泳ぐのが苦手で、一日の大半を周りにある物や池の壁面にへばり付いています。
時間と共に泳ぐ時間が増えます。

写真の稚魚は、孵化後2日目です。
泳きも すっかり上手になりました。
金魚の稚魚
稚魚の大きさは約5ミリ程度です。
孵化直後の金魚は種類に係らず、色も形も殆ど同じで見分けがつきません。
成長と共に、それぞれの品種の特徴が現れてきます。




↑ブログランキングに参加致しました。よろしければ、一日一回ワンクリックご協力お願い致します。
スポンサーサイト
プロフィール

金魚やサン

Author:金魚やサン
吉岡養魚場は、金魚の養殖と亀の繁殖を行っております。
生産者としての視点で、発信していきたいと思っています。

よろしければ、ホームページにもお立ち寄り下さい。

最新記事
カテゴリ
犬 (8)
本 (5)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
リンク
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
659位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
爬虫類・両生類
19位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示