まもなく寒さ到来

今週の半ば以降、本格的な寒さが予想されています。
今シーズン初の氷点下にもなりそうです。

関東地方では比較的暖かかった秋なので、生き物達の本格的な冬対策が延ばし延ばしになっていました。
今年の冬支度は例年に比べると大変な作業となっています。
今年2月の記録的な大雪により、当養魚場の金魚と亀を飼育している温室が、壊滅的な被害を受けてしまいました。
被害を受けたのはウチだけではなく、広範囲の被害となってしまった為、温室の材料のパイプや様々な部材が店頭から消えてしまいました。
メーカーに発注をしても納品は4ヶ月~半年くらい先と言われていました。
2月の大雪は、それ程の甚大な被害でした。

数ヶ月前には温室の材料も揃い、温室の建て替えを着手することは出来ましたが、金魚や爬虫類のイベントの準備や、季節の作業(養殖池の取り上げや、池替え、リクガメの冬場の餌となる葉物野菜の種まきなどなど)、どうしてもこの時期にやっておかなければならない作業がめじろ押しの状態だった為、なかなか温室の作業が出来ずにおりました。
この様な季節の作業も終盤となりつつありましたが、もうこれ以上寒さは待ってくれない為、延び延びとなっていた温室建て替えに数日前から着手しています。

先ずは、大雪の重さで複雑に絡み合いぺっちゃんこになった鉄のパイプの撤去となります。
通常だと簡単に脱着できるパイプとパイプを結合する部材なども変形してしまい、撤去には想像以上に手間や時間が掛かってしまっています。根気のいる作業です。

壊れてしまった温室の材料を撤去した後に、新規に温室を造る作業となります。
全て新しい材料を導入するのも予算的に厳しいので、リサイクルできる部材は使っています。
今週半ばの冷え込みの前には、完成できる見通しです。

明日も頑張るぞ~ (^o^)」


温室の残骸
壊れしまった温室の残骸(一部)



↑ブログランキングに参加致しました。よろしければ、一日一回ワンクリックご協力お願い致します。
スポンサーサイト

大雪の被害・・・その後

前回のブログにて、大雪による大きな被害を受けてしまったと報告させていただきました。
皆様に大変ご心配をお掛け致しました。
何かと多忙の為、ブログの更新が間々なりませんが、その後の状況を報告させていただきます。

早いもので、もう直ぐ一週間を迎えますが、未だに雪が解けずに残っております。
倒壊してしまった温室の再建に向けて、材料の手配や購入に試行錯誤しています。

今回の大雪による被害は、埼玉県だけではなく、あまりにも広範囲及んでおります。
その為、温室の材料となるパイプや部品などが軒並み品薄状態に陥っています。

当方でも3日程前から温室に必要な材料集めを行っておりますが、ことごとく売り切れ状態です。
注文を入れても納期の見通しが立たず、2ヶ月程先になってしまうそうです。

今回の大雪によって被害に遭った温室は30坪の温室1棟でしたが、加温をしている温室の為、二重構造となっております。
従って被害は1棟ではありますが、実質2棟分の被害のようなものです。
保温効果を高める為に、ビニールや保温材を利用し、4層構造となっていました。
その為、材料の手配も大変です。

引き続き、温室再建 頑張ります!


倒壊した温室内で飼育してた亀や金魚達は、一時避難先である住宅内にあるブリーディングルームにて元気に暮らしております。
今のところ、環境の変化によるストレスもなく、食事も良く食べ、健康状態は良好です。

しかし借り住まいの為、1匹辺りの飼育スペースが、かなり狭くなってしまいました。
可愛そうですが、暫くの間、我慢してもらうしかありません。

ブログをご覧になっていただいている皆様には大変ご心配をお掛けしておりますが、生体たちは、皆元気にしております。
ご安心下さい。


↑ブログランキングに参加致しました。よろしければ、一日一回ワンクリックご協力お願い致します。

愕然

今回の大雪による被害が、各地で報告されています。
体育館の天井が崩落したり、交通機関がマヒしてしまうなど、甚大な被害が多かったと思います。
皆様の所では、大丈夫だったでしょうか。
被害に遭われてしまった方、心中お察し申し上げます。

吉岡養魚場では、昨日の明け方、羽生選手がめでたく金メダルを獲得した数分後に、それは起こりました。
天気予報を超える積雪量だった為、部屋の窓から温室を確認したところ、まだその時は健在でした。
積雪量は更に増え、埼玉では見たこともない風景が広がっていました。
積雪量は、60センチを優に超えています。
あまりにも積雪量が多かった為、深夜ではありましたが、温室の雪下ろしをしに庭に出たところ、
存在すべき温室の姿がぁ・・・・!!!

なんということでしょう!
温室が・・・温室が・・・完全崩壊している!
言葉を失うとは、正にこのこと。暫くの間、呆然と立ち尽くしていた気がします。

温室内には、2ヵ月後に開催される観賞魚フェアの品評会に出品予定の金魚達や、大型品種のゾウガメやケズメリクガメなどを飼育しています。
不幸中の幸いですが、温室内の金魚や亀は、ゲージや容器に守られ、どうにか無事でした。
しかし植物(ハイビスカスなど)は、雪の重さで押し潰されてしまい、見る影もありません。

その後はしんしんと雪の降る中、金魚と亀の救出が始まりました。

亀や金魚の急激な温度低下を防ぐ為、取り合えず住宅室内にあるブリーディングルームに移動しました。
通常、ブリーティングルームは比較的小型の亀類や、希少種などを飼育していますので、真冬でも室内はポカポカです。
緊急時の一時避難場所としては最適です。


移動が終わった時には、既に夜が空け、雪は雨に変わっていました。


温室は、修理するレベルではないので、解体作業を始めなくてなりません。
雪が解けたら、解体・撤去後に、温室作りをコツコツ作っていきたいと思います。


日は又昇る!   頑張らなければ・・・!



↑ブログランキングに参加致しました。よろしければ、一日一回ワンクリックご協力お願い致します。

プロフィール

金魚やサン

Author:金魚やサン
吉岡養魚場は、金魚の養殖と亀の繁殖を行っております。
生産者としての視点で、発信していきたいと思っています。

よろしければ、ホームページにもお立ち寄り下さい。

最新記事
カテゴリ
犬 (8)
本 (5)
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスカウンター
リンク
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
641位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
爬虫類・両生類
16位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示