ヒョウモンリクガメの産卵

2013年度、今シーズン初めてヒョウモンリクガメが卵を産みました。
昨年の資料を見たところ、2012年度は6月30日に産卵しました。
まるで体内時計があるようです。

さて、今年の卵ですが、大変健康そうな卵でした。
卵が「健康」というのも変だとお思いでしょうが、例年よりやや大きいこと、綺麗な色をしていることなどから、直感的に「健康そうな卵」と思いました。
毎年繁殖には成功していますが、この卵なら昨年以上の結果が期待できそうです。

s-P1010766.jpg

リクガメの卵は、ヌマガメ類と違い直ぐに白濁は始まりません。
なので、生命が宿っているかどうかの見極めが大変難しいのです。
有精卵でありますように・・・

こちらがヒョウモンママです。
s-P1010764.jpg



↑ブログランキングに参加致しました。よろしければ、一日一回ワンクリックご協力お願い致します。
スポンサーサイト

ツルツル♪

2日前に生まれたヒョウモンリクガメ ベビー
ヒョウモンリクガメ
とっても元気で、よく歩きます!
掌に乗せても、お構いなしに大暴れ(笑)


お腹の出ベソちゃんからの栄養も、すっかり吸収させていただきました~。
ヒョウモンリクガメ
お腹もぺったんこになり、ツルツルでーす(*^_^*)


亀のクチバシ、卵歯(卵角)が確認できます。
これは卵を割る役目があり、役目が終わると自然になくなります。
ヒョウモンリクガメ
                                分かりますか?
          


↑ブログランキングに参加致しました。よろしければ、一日一回ワンクリックご協力お願い致します。

2013年孵化仔、第一号誕生!!!

本日夕方、ここのところ気になっていた孵卵器を覗いてみたら、ヒョウモンリクガメの卵から子亀の頭が出ていました!
おぉー生まれてる~!!!
2013年 今年初めての孵化仔第一号はヒョウモンリクガメでした~

毎年産まれているヒョウモンリクガメですが、この瞬間はたまりません!
実に嬉しく、感動的な出来事です。

ヒョウモンリクガメ


撮影している途中に、殻から出てきました。
ヒョウモンリクガメ


お決まりの一枚、出ベソちゃんです(*^_^*)
ヒョウモンリクガメ


横から見るとこんな感じ
ヒョウモンリクガメ


孵化した直後はデコボコお腹ですが、二日程でツルツルの綺麗なお腹になります。

とても元気な孵化仔で安心致しました。



↑ブログランキングに参加致しました。よろしければ、一日一回ワンクリックご協力お願い致します。

ヒョウモンリクガメが卵を産みました

昨日の夕方、ヒョウモンリクガメが産卵しました。
気が付いた時には、卵を産んだ後で証拠隠滅の如く、穴を埋戻し、
産卵床の表面を根気よく整地しているところでした。
あまりに丁寧に整地している姿だったので、撮影をしてみました。







綺麗に埋め戻してある砂を掘り起こしたところ、卵が出てきました!
ちなみに昨年は6月28日に産卵したので、今年は2日遅れの産卵になりました。
ヒョウモンリクガメの卵




↑ブログランキングに参加致しました。よろしければ、一日一回ワンクリックご協力お願い致します。

ヒョウモンリクガメのお話

今回のブログでは、吉岡養魚場のヒョウモンリクガメ ベビーちゃんを取り上げます。
先日のリクガメベビーの動画でも紹介させていただきました仔です。

ヒョウモンリクガメの名前の由来は、甲羅の模様がヒョウ柄に似ているところからだそうです。

亀は成長と共に甲羅も大きくなっていきます。
甲羅と甲羅の間に樹木の年輪の様な筋が入り、一枚一枚の甲羅が大きくなっていきます。
この年輪の様な筋の事を「成長線」と呼ぶのですが、ヒョウモンリクガメの場合、この成長線は成長する時期により黒色だったり、クリーム色だったりします。
よろしければ、この仔の産まれたときの記事をご覧になっていただき、今回の写真と甲羅の色を見比べてみてください。

ヒョウモンリクガメ

実はこの仔のお父さん、お母さんも国内CB個体(F1)です。
国内CBというのは、国内で生まれた個体を指します。
したがってこの仔はF1同士の両親から生まれた子供になるので、「F2」という事になります!

繁殖が比較的難しいと言われているリクガメにとって、F2という存在は喜ばしいことだと思います。


吉岡養魚場生まれのビルマホシガメは、現在F1です。
最初に産まれたベビーが、現在6歳になっています。
近い将来、F2ベビーが誕生することを目指して、飼育に励んでおります。



↑ブログランキングに参加致しました。よろしければ、一日一回ワンクリックご協力お願い致します。
プロフィール

金魚やサン

Author:金魚やサン
吉岡養魚場は、金魚の養殖と亀の繁殖を行っております。
生産者としての視点で、発信していきたいと思っています。

よろしければ、ホームページにもお立ち寄り下さい。

最新記事
カテゴリ
犬 (8)
本 (5)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスカウンター
リンク
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
537位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
爬虫類・両生類
17位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示