2年目の日本オランダ

日本オランダの飼育を始めて、今年で2年目となります。
今年の稚魚は、昨年 吉岡養魚場で生まれた魚を親に使ってみました。

産卵の時期が遅くなってしまった為、現在約2.5センチの ちびっ子です!
新しく始めた品種なので分からないことばかりですが、試行錯誤で飼育管理を楽しんでいます♪

日本オランダ

日本オランダ



↑ブログランキングに参加致しました。よろしければ、一日一回ワンクリックご協力お願い致します。
スポンサーサイト

稚魚の放流

吉岡養魚場では、金魚の採卵は基本的に人工採卵を行っております。

約10日程前に人工採卵を行いました。
採卵後も、今年は例年にない暑さになり、急遽日除け対策などを行い、孵化が早まらないように気を使いました。
順調に孵化し、本日育成池に放流しました。

孵化池から稚魚を集めているところです。
稚魚はとても小さいので水圧に気を遣い、ゆっくりと作業を行います。

2015産稚魚


計量スプーンを利用し、大よその数量を数えます。
育成池の大きさや品種により、放流する数は違いますが、1池 5万匹~10万匹を入れます。

2015産稚魚


ビニール袋の中には稚魚が入っています。
水合わせ(水の温度調整)を行った後に、放流です!

2015産稚魚

順調に育ってね!



↑ブログランキングに参加致しました。よろしければ、一日一回ワンクリックご協力お願い致します。

輝竜の稚魚

先日、輝竜の産卵をブログで紹介しましたが、その後順調に孵化し、元気に泳ぎ始めてます。

稚魚

今日始めて餌を与えました!
初期飼料は、ブライシュリンプでした。
食べたシュリンプが透けて見えて、お腹がオレンジ色です (*^_^*)

稚魚



↑ブログランキングに参加致しました。よろしければ、一日一回ワンクリックご協力お願い致します。

金魚の産卵

数日前から、品種改良中の金魚や 新しく導入した品種の産卵が始まりました。

本日は吉岡養魚場オリジナル金魚「輝竜」(キリュウ)の産卵です。
約10年程前から品種改良を開始し、約1年程前に新品種として発表した金魚です。
今年で「F9」となります。

ちなみに「F9」の「 F 」とは、ラテン語のFilius(子)だそうです。
例えば、琉金 A × 琉金 B → 琉金C( 琉金A 琉金B から生まれた子は F1 となります )  
「 F2 」とは、琉金A・琉金Bの孫となります。


今回、産卵に使った親魚 ( 2014年産 F8個体 )
この中から親を選びました。
金魚の産卵

金魚の卵 直径1~1.5ミリ程の大きさです。

金魚の産卵

今年の主力金魚の産卵は、もう少し先になりそうです。
稚魚を育成する池の準備に追われています。
稚魚を放流する前に、初期飼料となるミジンコ(プランクトン)を増殖させます。
準備が修了した後に、金魚の産卵となります。



↑ブログランキングに参加致しました。よろしければ、一日一回ワンクリックご協力お願い致します。

選別作業

ずっと続いていた強風注意報が、昨日解除となりました。
風が穏やかになったので、昨日は金魚の取り上げができました!

そして、今日は選別でーす!

無選別のグループ
選別作業

選別するときは、こんな感じ。
選別作業

選別後の丹頂グループ
選別作業


この時期の水仕事は辛いですが、頑張ります!!!



↑ブログランキングに参加致しました。よろしければ、一日一回ワンクリックご協力お願い致します。
プロフィール

金魚やサン

Author:金魚やサン
吉岡養魚場は、金魚の養殖と亀の繁殖を行っております。
生産者としての視点で、発信していきたいと思っています。

よろしければ、ホームページにもお立ち寄り下さい。

最新記事
カテゴリ
犬 (8)
本 (5)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンター
リンク
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
1075位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
爬虫類・両生類
23位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示